日用品のストック収納問題を解決する3つのコツ。

今月のテーマ: 日用品のストック・収納
今回のコラム担当は 橋本智子です
ブログ: 「家族の笑顔が生まれる 整った暮らし」
利き脳: 右右タイプ


日用品のストックがまだあるのに、
同じ物を買ってしまった・・・

ストックが多くて収納スペースに入りきらない・・・

そんな「日用品のストック収納問題」を解決するために
我が家で実践している対策は3つ。

①自分に合ったストックの管理方法を見つける
同じ場所に一括収納 or 使う場所に分散して収納

②それぞれのストックに定位置を作る

③この日用品のストックは〇個 持つ、という基準を作る


例えば、
頻繁に買いに行けないから日用品はまとめ買い。
あるいは、ネット購入している。

そんな場合は、ストックを同じ場所に一括収納して、

定期的に、どれが何個足りないのかチェックすると
分かりやすいかも知れません。


反対に、無くなったらすぐに買いに行ける。
ストックはあまり持ちたくない。

そんな場合は、使う場所に必要最低限のストックを
収納しておくと分かりやすいですよね。


我が家は後者の分散型。
それぞれの日用品を、使う場所の近くに収納しています。

その際に決めているのが②と③の定位置と、ストックの数。

我が家は日用品ストックは基本1つだけ持つことにしています。


シャンプーやボディーソープなどのストックは洗面室に。

DSC02106.jpg


無くなったタイミングで新しいものを買いに行きます。

DSC02737.jpg



キッチンで使う洗剤のストックはシンク下に収納。

DSC01665.jpg

こちらも、無くなったら購入するという仕組みに。

定位置と、数を決めることで
収納ケースから溢れることがありません。


私は定期的に在庫を確認するのが苦手・・・。

ドラッグストアもスーパーの隣にあるので、
日用品が無くなったら食材のついでに買いに行くのが
手軽なのです。


本日限定特価!
お一人様〇個まで!

ストックがつい増えてしまう機会って、以外とありますよね・・。
でも、持ち過ぎないことも重要。


自分がラクに管理できる収納方法を見つけて
適正量=「自分で数を把握できる量 」のストックをおすすめします。


次回のコラム担当は、利き脳 右左タイプの高木あゆみさんです。

本日も北摂LOブログへのご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hokusetsulo.blog.fc2.com/tb.php/283-c25d1364